1/10

Avant-garde As Method : Vkhutemas and The Pedagogy of Space 1920-1930

¥17,600 tax included

the last one

Shipping fee is not included. More information.

This item can be shipped outside of Japan.

1920年代から30年代にかけて、モスクワの美術工芸高校(通称Vkhutemas)では、大衆教育を推進するために「客観法」と呼ばれる教育方法が採用された。この学校は、ソビエト連邦の支配的なモダニズムのパラダイムに不可欠とされる大衆芸術と技術教育を最初に実施した。

建築家で歴史家のアンナ・ボコフは、『方法としてのアバンギャルド』の中で、ソビエト連邦における芸術と技術教育の本質を探っている。ボコフは、Vkhutemasの教育プログラムが、長年にわたって培われた学術的なアイデアと実践を、より新しい産業時代のものと組み合わせ、探索的アプローチを採用し、生徒と教育者間の継続的なフィードバックと交換から力を引き出す、新しいタイプの教育法を始めたことを実証している。Vkhutemasのカリキュラムがいかに学問的伝統の先入観に挑戦し、自由な探求に置き換わったか、そしてそれがいかに学校の高等科の建築や都市デザインに反映されたかを解説しています。


1920年から1930年までのソビエト連邦で活動した芸術学校、Vkhutemas(ヴフテマス)における芸術の教育手法に焦点を当てた本書は、前衛芸術がどのように創造的な空間を創り出し、芸術教育に革新をもたらしたかを探求しています。建築や工芸、デザインに興味のある方に最適です。

本書では数々の写真や図版を使用し、Vkhutemasがどのように創造的な空間を創り出すためのメソッドを持っていたかを詳しく解説しています。Vkhutemasの芸術家たちは、建築、絵画、彫刻、デザインなど、さまざまな分野において、前例のないアプローチを取ることで、芸術の価値を再定義しました。


Vkhutemasの芸術教育は、それまでの常識を打ち破り、新しい空間の可能性を追求しました。この本を手に取り、Vkhutemasの先駆者たちの視点や創造力に触れてみてください。彼らの情熱と努力に触発され、あなたも革新的なアートエキスパートになるかもしれません。

※美術史や芸術教育に興味のある方におすすめします。内容は専門的なものも含まれています。

Add to Like via app
  • Reviews

    (0)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥17,600 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品