1/1

Japanese Woodblock Prints

¥34,650 tax included

the last one

This item can be shipped outside of Japan.

マネが日本の美術品に囲まれた自然主義者エミール・ゾラを描いた肖像画や、ゴッホの広重の緻密な模写など、19世紀ヨーロッパモダニズムの先駆者たちは、日本美術に人知れず愛着を抱いていたのです。木版画は、その官能性、自由さ、無制限さから、フランスをはじめ全ヨーロッパを魅了したジャポネーズリーに属するとされているが、西洋の創造性を刺激した「エキゾチック」な芸術形態として誤解されることが多い。

しかし、日本の木版画は、1700年代に日本で発明され、19世紀初頭に北斎、歌麿、広重などの巨匠がかつてないほど表現した、西洋の創造性に影響を与えたエキゾチックな芸術であるとも誤解されているのです。

17世紀の浮世絵から20世紀初頭の版画の衰退とルネッサンスまで、美術史上のユニークなジャンルであるだけでなく、日本の歴史を学ぶ機会にもなります。また、日本の風俗や文化の変遷を知る上で、他に類を見ない証言でもある。

神秘的な山々、雪の峠道、侍の刀、店のウィンドウの風俗嬢......それぞれの作品を見ると、モチーフの裏にある物語や人物像が見えてくるのです。木版画の4本柱である美人画、役者絵、風景画、花鳥画のほか、相撲取り、歌舞伎役者、花魁など浮世のロックスターやそのファンによる木版画制作の熱気を紹介します。鬼、幽霊、食人鬼、異界の生き物など、恐怖と闇を掘り下げたプリントで、今日まで日本の漫画、映画、ビデオゲームに影響を与え続けている印象的なイメージで描かれています。日常的なものからエロティックなもの、武術的なものから神話的なものまで、その範囲は驚くほど広いが、これらの作品が作家の卓越した技術と確かな目によって統一され、出版社と作家が大きな工夫と皮肉なウィットをもって政府の検閲を回避しようと苦闘している様子は、また別のものである。私たちはその目撃者なのです。

3年の歳月をかけて完成したこのXXL版は、世界中の美術館や個人コレクションから現存する最も美しい印象を再現したもので、その多くはこのプロジェクトのために撮影されたものです。17枚の美しい折りたたみ写真で細部まで観察でき、豊富な解説で日本美術史の慌ただしい時代を案内しています。

Add to Like via app
  • Reviews

    (0)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥34,650 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品