1/8

Uncreating the Japanese House: Junzo Yoshimura, Antonin and Noémi Raymond, and George Nakashima

¥8,100 tax included

the last one

Shipping fee is not included. More information.

This item can be shipped outside of Japan.

ミッドセンチュリー期のモダニズムと日本のデザインが融合した、ユニークで持続的な異文化コラボレーションの成果である3つの革新的なアメリカ建築をご紹介します。

1953年、日本人建築家・吉村順三は、今では古典的な日本家屋と庭園を設計し、「松風荘」と名づけた。1954年にニューヨーク近代美術館に展示された後、フィラデルフィアのフェアマウント・パークに移築された。MoMAの「庭園の家」展のキュレーターは、この家の柱と梁の構造の明快さ、用途の柔軟性、屋内と屋外の空間の密接な関係といった、歴史的な日本建築と現代建築の統合を強調した。

本書は、吉村が設計した松風荘と、ペンシルバニア州バックス郡ニューホープにある2つの関連施設を中心に、豊富な図版で紹介しています。レイモンド・ファーム(1939-41)は、アントニンとノ・ミ・レイモンドが18世紀のクエーカー教徒の農家を改造して建てた住居であり、ナカシマ・スタジオはジョージ・ナカシマが家具製造業とその家族の住居として30年間(1947-77)にわたって設計した複合建築物である。それぞれの場所で、この建築家とデザイナーのグループの個人的な関係や異文化間のコラボレーションが具現化されています。
レイモンド夫妻は、吉村や中島らとともに、建築という行為、コラボレーション、旅を通じて、変化する日本の環境を理解するようになりました。そして、その教訓を日米両国のモダンリビングの家具や調度品に展開したのです。

本書は、松風荘で開催されたオブジェとエフェメラの展覧会を記録したものです。ニューヨーク在住の建築写真家エリザベス・フェリチェラ氏が、それぞれの現場を新たに撮影した写真集です。大島賢とウィリアム・ウィテカーによるエッセイ、歴史的な写真、家族のスナップ写真、建築図面が、近代建築とデザインの歴史におけるこの重要な章をさらに解明しています。

Add to Like via app
  • Reviews

    (0)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥8,100 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品