1/10

Louis Kahn: The Importance of a Drawing

¥15,000 tax included

the last one

Shipping fee is not included. More information.

This item can be shipped outside of Japan.

ルイ・カーン(1901-74)はエストニア生まれのアメリカの建築家で、主な作品にバングラデシュ・ダッカの国民議会、カリフォルニア州ラ・ホーヤのソーク研究所、テキサス州フォートワースのキンベル美術館、死後に実現したニューヨークのルーズベルト島の4つの自由を表現する公園 などがあります。

絵画の重要性は計り知れない。なぜなら絵画は建築家の言語だからだ」と、建築家ルイス・カーンは1967年のマスターレクチャーで語っている。

カーンに関する研究の多くは、彼の建築作品や理論に焦点を当てながら、主に絵画を用いて説明しています。
本書は、カーンの建築的知性と想像力を知るための主要な資料として、カーンの絵画に焦点を当てたものである。

本書は、カーンの卓越した技術を証明するもので、建築家が絵画をどのように使い、見て、学び、推論し、明らかにしたかを論じています。

建築表現の刺激的な入門書として、定評のあるデザイナーや建築を学ぶ学生にとって、優れた参考書となることでしょう。

Add to Like via app
  • Reviews

    (0)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥15,000 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品