1/12

Chair Anatomy: Design and Construction

¥6,800 tax included

the last one

Shipping fee is not included. More information.

This item can be shipped outside of Japan.

過去150年間における椅子の設計と制作についての詳細な調査を通して、その重要性や特徴を明確に示してみましょう。

椅子は私たちの日常生活において極めて重要な役割を果たしています。オフィスや自宅のダイニングエリア、リラックスする場所から仕事をする場所まで、椅子のデザインが持つ重要性は幸福の中心にあります。このため、デザイナーや建築家は何世紀にもわたって、空間、快適さ、機能性における問題を解決するために、完璧なまたは非常に特別な椅子を作り出すために努力してきました。しかし、多くの場合、消費者は最終的な製品だけを見ていますので、個々のデザインがなぜ特別であるのかについて考えることはほとんどありません。

この本では、過去150年間の中で最も象徴的な椅子50以上を選び出し、それぞれのデザインの形や構造、つまり椅子の解剖学に焦点を当てています。著者であるJames Orromは、読者にデザイナーやその背景、そして各製品が生まれる理由を紹介し、写真やイラストを通じてそのデザインの優れた特徴を提示しています。

さらに、この新しいエディションでは、技術と構造的な創造性を持つ4つの新しい椅子が取り上げられています。これらの椅子は、リサイクルプラスチックや持続可能な麻繊維などの素材を使用しており、ハンガーの原理に基づいたデザインなど、革新的なアプローチを採用しています。この本では、それぞれのデザインがなぜ特別であるか、特定の素材が選ばれる理由やその品質、機能性の進歩、快適さのレベルに与える影響などに焦点を当てています。

椅子は実質的にはミニチュアの建築物であり、その構造や材料の選択には工学的な考慮が必要です。この本は、そのような要素がどのように組み合わさり、経済的に生産されつつも、ストレスに耐える椅子構造が実現されるかを示しています。

2023 / English / Paperback

Thames & Hudson 
256 p      
8.3 x 1 x 10.1 inches 
ISBN : 9780500297025  

Add to Like via app
  • Reviews

    (0)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥6,800 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品