1/9

OMA NY: Search Term

¥15,400 tax included

the last one

Shipping fee is not included. More information.

This item can be shipped outside of Japan.

重松象平とジェイソン・ロングによる待望のOMAニューヨークのモノグラフ。
OMAの新しい世代が手がけた20以上の先鋭的な建築プロジェクトを紹介するこの大著は、レム・コールハースの『S, M, L, XL』以来、OMAによる初のコンペンディアムとなる。

1975年にレム・コールハースが設立したオフィス・フォー・メトロポリタン・アーキテクチャー(OMA)は、設立から10年を経た現在でも、最も影響力があり、成功を収めている建築事務所の一つです。OMAは自らを「建築と都市という伝統的な境界の中で活動し、建築的思考をその先の領域に適用する事務所」と表現しています。OMAニューヨークは、米国の前哨基地から独自の姿勢を持つ本格的な事業へと成長し、世界的に高い評価を得ているオフィスの進化に貢献しています。多様なプロジェクトを通じて、都市に対する理解や、アート、ファッション、食、サステナビリティなど、21世紀の真髄に迫るような進化を遂げつつあります。

ここで紹介する作品は、OMAのポートフォリオを地理的に拡大しながらも、OMAの哲学をより詳しく説明しています。重松象平とジェイソン・ロングが率いるプロジェクトは、ニューヨーク、マイアミ、サンフランシスコの超高層住宅、東京からヒューストンまでの複合施設、そして11丁目ブリッジパークなどの公共空間、さらには著名な中国人アーティスト蔡國強のスタジオのようなより親密な空間が含まれています。コーネル大学のミルスタイン・ホール、ケベックの国立ボザール美術館の新しいギャラリー、マイアミのファエナの文化フォーラムとその周辺、バッファローのオルブライト=ノックス美術館やマンハッタンのニューミュージアムのような常設建築物は、Met Costume InstituteでのManus x Machina展やAn Occupation of Lossの高層コンクリートの柱の彫刻的インスタレーションのような仮設介入と鮮明に対比されます。
プロジェクトの合間には、クリストファー・ホーソン、リサ・フィリップス、マッシミリアーノ・ジオーニ、タリン・サイモン、アイリス・ヴァン・ヘルペン、ヴァージル・アブロー、デヴィッド・バーン、アリス・ウォーターズ、セシリア・アレマニといった一流の政策立案者や美術館長、アーティスト、ファッション・デザイナー、ミュージシャン、料理人、キュレーターとの対話があり、建築以外の領域におけるこの会社の関心や取り組みについて洞察を示しています。
ISBN: 9780847869206

676 pages, illustrated, 29,1 x 21,3 cm, paperback, English

Add to Like via app
  • Reviews

    (0)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥15,400 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品