1/8

Louis Kahn: Architecture as Philosophy

¥7,700 tax included

the last one

Shipping fee is not included. More information.

ouis Kahnの持続的な魅力に関心があるすべての人にこの本はKahnが建物をどう組み合わせたのか詳細によく見れば深みのある哲学が明らかになることを見せてくれます。



Louis I. Kahnは20世紀の最も影響力あって詩的な建築家中一人で、その魅力は専門家の領域を越えて拡張された人物です。 この本でKahnの著名な専門家であるJohn Lobellは構造に対するKahnの焦点、材料に対する尊重、プログラムの明確性、詳細事項に対する尊重がどう合わさって全体的な哲学を表わしたのか探求します。 Kahnの作業は一種の"超越的根"を明確に伝達します。 建築の基本に根を置いたことは光と空間に対する私たちの経験、その上私たちが世の中にどう適応するのかについて上がる質問を投げます。 Louis Kahn: Architecture as PhilosophyでJohn LobellはKahnの建物がどう巨大な人本主義的関心事について話すのか明らかにしようとします。

間の偉大な建物5個を調査してフィラデルフィアにあるRichards Medical Research Building; La JollaのSalk生物学研究所; ニューハンプシャーのフィリップスエクセターアカデミー図書館; フォートワースのキムベル美術館; New HavenのYale Center for British Art--Lobellはこのような建物がどう構成されているのか明確だが詳細的に見せてくれます。 Kahnがこのような建物を経験する方法を含んでKahnの哲学を見せてくれます。 意識と創意性に対する普遍的な人間の関心を扱う主題を扱う建築本であるLouis Kahn: Architecture as Philosophyは建築環境で私たちの位置とウェルビングの本質を理解するのに役に立ちます。







詳細情報

2020 / English / Hardcover

発行者 :  The Monacelli Press; Illustrated edition 

ページ数 : 240 p      

サイズ : 8.31 x 0.93 x 10.3 inches   

ISBN : 978-1580935289 

Add to Like via app
  • Reviews

    (0)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥7,700 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品