1/10

Otl Aicher: Design, Type, Thinking

¥9,500 tax included

the last one

Shipping fee is not included. More information.

オットー・アイヒャーは、優れたグラフィックデザイナーであると同時に、変革の思想家、写真家、タイポグラファー、生態学者、哲学者、ウルム造形大学の共同創設者・指導者、そして教師でもありました。本書は、生誕100年を記念して、彼のキャリアのあらゆる側面に目を向け、永続的な影響を与えた数多くの人物をたどることを目的としています。
オットル・アイヒャーは、1972年のミュンヘン・オリンピックでデザインしたピクトグラムでよく知られている。50年後の現在、彼のデザインしたピクトグラムは、トイレ、地下鉄、空港、病院をナビゲートする世界共通言語になっている。しかし、アイヒャーの功績はグラフィックデザインの世界にとどまりません。本書は、図版、写真、文書、アーカイブ資料をふんだんに盛り込み、第一線の評論家、デザイナー、友人による思慮深いエッセイを添えて、ビジュアルコミュニケーションの創始者の一人としてのアイヒャーの役割を学際的に探求するものである。企業ブランドの開発、ローティス書体の創作とそれを用いた建築、ヨーゼフ・アルバース、アレクサンダー・クルージ、ノーマン・フォスターといったアーティストや建築家とのコラボレーション、ウルム美術学校の設立などは、教育やオープンで自由かつ民主的な社会に対する彼の情熱の反映である。開かれた、自由で民主的な社会を求める彼の思いが反映されていることは明らかです。アイヒャーの作品は、世界中のほとんどすべての公共空間で見ることができ、この決定版といえるタイムリーな文献は、前世紀の先駆的な天才の一人に彼を正しく位置づけるものである。

Winfried Nerdinger, Wilhelm Vossenkuhl (Eds.)
Prestel, 2022
ISBN: 9783791379449

256 pages, illustrated, 29,5 x 24,7, hardcover, English

Add to Like via app
  • Reviews

    (0)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥9,500 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品