1/4

Oase 113: Auteurschap / Authorship

¥4,000 tax included

the last one

Shipping fee is not included. More information.

This item can be shipped outside of Japan.

このOASE誌の号は、建築の世界での「著者性」という概念について話そうとしています。建築のプロジェクトに関わる人が、そのプロジェクトをどのように「自分のもの」として感じるのか、そして現代の建築文化でこの感覚はどうなっているのか、ということを考えます。著者性の重要性について語り、建築の実践におけるそのさまざまな側面について深く考えてみたいのです。

プロジェクトを「所有する」とは、どういうことなのでしょうか?そして、今の建築の世界で、誰かが一つのプロジェクトを「自分のもの」と感じることは、まだ一般的なのでしょうか?個々の人がプロジェクトに対して持つ「著者性」という考え方は、時に新しいアイデアを出したり革新的な考えを生み出す障害になっているのかもしれません。なぜなら、今は以前に比べて、協力し合うことがより重要になっているからです。

それでは、建築の世界で「著者性」という考え方を維持することの意味は何でしょうか?おそらく、その最も重要な理由はこうです:著者性とは、オリジナリティを示すことだけでなく、自分自身のプロジェクトに対する強いコミットメントや献身的な姿勢を表すものです。この考え方を、複数の人たちが共有するスペースや場として捉えることも、面白い視点です。つまり、新しいアイデアや革新的な考えが複数の人の頭や手を通じて生まれる場所として、著者性を考えるのです。

Tom Avermaete, Christoph Grafe, Irina Davidovici, Veronique Patteeuw (Ed..)
Oase Foundation, 2023
ISBN: 9789462087330

128 pages, illustrated, 24 x 17 cm, paperback, Dutch/English

Add to Like via app
  • Reviews

    (0)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥4,000 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品