1/18

The Architecture of Closed Worlds

¥4,400 tax included

the last one

Shipping fee is not included. More information.

This item can be shipped outside of Japan.

「クローズドシステムの建築:アクアラングからエデン・プロジェクトまで」は、外宇宙カプセル、潜水艦、オフィスビルなどが共通して持つ特徴について探求する書籍です。それらはすべてクローズドシステムとして構想されました。クローズドシステムとは、物質やエネルギーの移動を禁止する境界で囲まれた、自己持続型の物理的環境を指します。これらのクローズドシステムは、時間と空間の中で世界を部分的に再構築し、生命の維持に必要な基本的な材料を特定し、実装することを目的としています。

「クローズドワールドの建築」は、宇宙プログラムから始まり、自律的な生活を試みる対抗文化の建築グループに至るまで、学際的な変革と新しい環境意識の台頭を文書化しています。この本は、1928年から現在までの39のプロトタイプのアーカイブを提供し、クローズドリソース構造の系譜を作成します。これらには、FNRSバルーン(1931年)、アクアラング(1943年)、未来の家(1956年)、ディズニーのEPCOT(1966年)、バイオス3(1972年)、Rocky Mountain Institute(1982年)およびEDENプロジェクト(2000年)などが含まれます。各プロトタイプは、アーカイブ画像と新しい分析およびイラストで紹介されています。また、本にはこれらのプロトタイプが持続可能性の観点から「ネットゼロ」または「ゼロエネルギー」という現代の議論にどのように貢献したかを示すタイムラインも掲載されています。

この本の著者であるLydia Kallipoliti(リディア・カリポリティ)は、プリンストン大学で博士号を取得し、MITでSMArchSを取得した建築家、エンジニア、学者です。彼女はレンセラー工科大学の助教授であり、ニューヨーク・ブルックリンにあるANAcycleシンクタンクの責任者でもあります。

この本は、クローズドシステムとその持続可能な設計と環境意識への影響について包括的に探求し、その分野における私たちの理解を形作る役割を強調しています。

20 × 27 cm, 7 ¾ × 10 ¾ in

300 pages, 360 illustrations

paperback
表紙 スレ 痛みあり
2018, 978-3-03778-580-5, English

Add to Like via app
  • Reviews

    (0)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥4,400 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品